目黒をぶらつく(2)サレジオ教会~円融寺

この記事は目黒をぶらつく(1)寄生虫館~目黒不動尊の続きです。

目黒不動尊を後にし、サレジオ協会へ向かう。
ここは付属幼稚園と併設されているキリスト教会で、荘厳なステンドグラスのあるチャペルの写真が目黒ガイドブックに掲載されており、不動尊から徒歩30分という距離に少し躊躇したものの、勢いに任せて行く事にした。
山梨に住んでいると(車社会の地方都市は大体そうだと思うけど)徒歩で30分移動するという事はほぼないと言っていい。
そんな自分に喝を入れるためにも、歩く事にした。





公園の外周に咲いていた花。
余談だけど、目黒はとても公園が多い街だった。道を歩けば公園に当たると言った具合で、この後も5~6箇所ほど公園を見かけた。









目黒にも結構古い家がある




ロゴマークが可愛い教会が見えてきた

到着したはいいものの、教会が結婚式に使われており、チャペルに入る事が出来なかった。
せいぜい新郎新婦や参列者の間から横目で様子を窺う事くらいしか出来なかった。

少し離れた所に参列者の男性と、その娘さんと思われる小さい女の子が連れ立って歩いており、よく見ると女の子の靴が片方脱げてしまっていた。

それに気づいた男性が「ちょっとちょっと、これじゃシンデレラになっちゃうよ」と言いながら靴を履かせており、うまい事言う人だなあと感心したのを覚えている。











サレジオ教会のすぐ近くに、竹藪のある「すずめのお宿緑地公園」というスポットがあると言うので、そこも行ってみる事にした。










竹藪の中にある古民家。見学時間を過ぎており、入れなかった。



ガイドブックで「都区内最古の木造建築がある」とされている円融寺にやって来た。
都区内最古というのは、多分23区内で最古という事なんだろう。
























民家に飾られていた狛犬。今日は当たり日のようだ。


また公園があった


グラフィカルな壁面のスタジオ


会う予定の人との待ち合わせ時間が近づいたので、今回の目黒観光はここまでとなった。



今回の記事に使った写真は全てX-T10とXF27mmF2.8の組み合わせで撮影した。
特にXF27mmF2.8は前日に購入したもので、とても軽量コンパクトで旅先で撮り歩くのに最適なレンズだと感じた。

ぷらぷら歩いてみて、意外と目黒って緑や公園、古い神社仏閣や家並みがあって、住みやすそうな街だなと思った。
山手線沿線にも、意外とこういう街があるんだな。

いずれ別のエリアもぶらぶらしてみたい。