熊野神社(国母)のはじめ狛犬

2020年10月28日

この狛犬は神社探訪・狛犬見聞録さんの記事を読んで見に行きました。

狛犬がいる本殿は塀に囲まれており、撮影がしづらいという前情報を得ていたので、車に脚立を積み、高倍率ズームの出来るCanonのPowerShot SX50を用意して、現地に向かいました。

熊野神社(国母)のはじめ狛犬
参道には岡崎現代型が。 華麗にスルーして、本殿に向かいます。


熊野神社(国母)のはじめ狛犬
脚立を登ってみると・・・ いたっ!


熊野神社(国母)のはじめ狛犬
左にいるのに、口を開いてます。 でも、なんともいい表情・・・。


熊野神社(国母)のはじめ狛犬



熊野神社(国母)のはじめ狛犬

こっちは右です。こちらも口を開いてますね。目を細めたように見える左像と比べて、こちらの目は丸いです。
お腹の下が繰り抜かれていない事から、かなり古い江戸はじめのように思えます。



熊野神社(国母)のはじめ狛犬



どちらにも、耳らしき物はついてませんね。膨らんでいるのはコケか何かのようです。 熊野神社(国母)のはじめ狛犬



熊野神社(国母)のはじめ狛犬
塀の上には防犯対策用でしょうか、鉄条網も張り巡らせてありました。



熊野神社(国母)のはじめ狛犬
神社の建立と共に植えられたというご神木が祀ってありました。



「山梨の狛犬」トップページ

この記事を書いた人
蝉山 蝉山
生き物が大好きなエンジニアです。
山梨県で、身近な自然を楽しみながら暮らしています。
自作の漫画4コマイラストも制作しています。

かわいい恐竜のLINE着せ替えTシャツ・グッズも販売中!

詳細なプロフィールはこちら。

ツイッター:
インスタグラム:

狛犬

Posted by 蝉山