12/1 いただいたメッセージへのご返信はこちら

楽しいムーミン一家 各話紹介

楽しいムーミン一家 各話紹介


1990年~1991年にテレビ東京系列で放送されたアニメ「楽しいムーミン一家」。

小学生の頃にリアルタイムで見ており、最近DVDで見返しているんですが、ムーミンのあたたかくて居心地の良い世界観と、90年代アニメのドタバタで底抜けに楽しいテンションが融合しており、本当に楽しいアニメです。

タイトルに「楽しい」と入っているのは伊達ではありませんね。

全部78話あるエピソードそれぞれの印象を、見返したらそのつど、この記事に追加していこうと思います。

1話 ムーミン谷の春

冬の間は冬眠しているムーミン一家が、春に目覚めます。
冬の間も旅を続けていたスナフキンもやって来ます。

かぶると姿が変わる不思議な帽子をムーミンがかぶり、元の姿とは似ても似つかない不気味な姿になってしまいます。
他のみんなから「誰?」みたいな塩対応をされてしまうムーミンが不憫で「1話からこんなヘビーな展開なの!?」と驚きました。

2話 魔法の帽子

前回捨てた魔法の帽子を再度回収し、今度はミーが帽子に入れた毛糸が巨大なツタ植物になり、ムーミンの家を覆い尽くします。
そこに、帽子の持ち主である飛行おにが現れて、ツタを消し去ってくれました。
見た目怖いんですが、意外といい人(おに)でした。人は見かけによりませんね。
飛行おには空飛ぶクロヒョウに乗っており、クロヒョウも喋ります。

3話 浜で見つけた難破船

この回は、大人がみんな、自信を失っています。
ムーミンパパはスランプに陥って小説が書けず、フローレンの兄は空飛ぶ船を設計していましたが自分の設計に自信を無くし、ヘムレンさんは切手コレクションを完成させてしまったばかりに、目的を見失っていました。

そんな中、浜に打ち上げられていた船をみんなで修理している内にみんなにやる気が戻ってくるのでした。

19話 ムーミン谷はジャングル

植えた魔法の種が発芽して、ムーミン谷はジャングルになりました。
スティンキーが悪だくみをして、動物園の動物をそそのかして逃がし、そのジャングルに誘導します。

スティンキーにそそのかされたトラはムーミンを食べようとしますが撃退され、ムーミンに手なずけられました。

20話 ムーミン虎たちを救う

逃げた動物を捕まえるため、動物園の職員がやってきます。

ムーミンをカバだと勘違いして捕まえようとします。
この回、リアルタイムで見た時もとても印象的で、よく憶えていました。

カバが喋ったりシルクハット被ったりするか!?
と思うんですが、このアニメに出て来る動物は普通に喋れたりするので、そこは難しいところですね。

ムーミンの家に隠れた動物たちを捕まえようと動物園の職員たちが殺気立ってやってきたところを、ムーミンパパが優雅にテラスで新聞を読みながら「やぁ!」と穏やかに話しかけるシーン、なんか好きです。

ミーが呼んできてくれたヘムル署長が「彼らはカバじゃなくてムーミンだ!君らがやろうとしているのは誘拐だ。立ち去らないと北極送りにするぞ!」と言って、動物園の職員を撃退してくれました。

ムーミン谷で楽しく暮らしていた動物たちですが、冬が来て、ジャングルの木が枯れてしまい、暖房のある動物園に戻る事に。
その際にやっぱりカバと間違われたムーミン一家は檻に閉じ込められてしまうのですが、スナフキンたちがムーミンはカバではないと証明してくれたおかげで無事解放され、自由の素晴らしさを謳歌するのでした。
この記事を書いた人
せみやま せみやま
生き物が大好きなWebエンジニアです。
身近な自然を楽しみながら暮らしています。
詳細なプロフィール