カテゴリー

遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館

僕の地元の山梨では唯一「動物園」と名のつく施設である「遊亀公園付属動物園」。

(驚く事に、本当に唯一。山梨市にもう1つ、公園付属でひらがな表記の「どうぶつえん 」が存在する)

日本で4番目に開園した歴史ある動物園なのだけど、設備は最新鋭とはほど遠く「打ち捨てられた」感が漂っている。

ただそれでも動物は好きなので、普通に動物園として楽しんでいるのはもちろんの事、このスポットの隠れた見所として、園内併設の「ゆうえんち」が挙げられる。

山梨県内でも屈指のアングラ感漂う強烈なパワースポットなのだ。

遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館

子供たちが遊ぶ大型の遊具に施された女性のディスプレイ。
この記事を書くためにデジカメの画像ファイルをモニターに表示していたが、あまりの禍々しさに、恐ろしくなってファイルを閉じてしまった。

2019年現在、この女性のディスプレイは撤去され、見る事は出来ない。

報道によると、2019年に100周年を迎える同園は大幅なリニューアルを計画中で、この遊園地も今の風景のまま保存され続けるとは考えにくい。

この記事の写真を撮ったのは2015年の年末。

ローカル新聞などでこの遊園地の事が紹介され、人目が集まるようになったせいもあるのか、最近では「これはさすがにまずいな」という展示物については撤去されているのではないかと考えている。


遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館
ゆうえんちの入り口。2大ヒーローがお出迎え。
後から拡張されたためか、他の動物の展示スペースからは隔離されたブラジルバク舎への案内板も見える。

遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館
2大ヒーローの一人「シルバー仮面」。
1971年~1972年にかけて放送された特撮ヒーロー番組の主人公で、同園にあるのは、そのオリジナルペイントバージョン。
版権もののヒーローを、独自のセンスで適当にリペイントして展示する、その適当さが2019年の日本らしくなくて、ほんと最高だなと来る度に感じる。

遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館

遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館
ウルトラマン…?と思いきや、こちらは同時期に放送された「突撃! ヒューマン!!」という作品の主人公。もちろん、同園オリジナルリペイントバージョンだ。

遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館
正直、顔はウルトラマンにしか見えない。

遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館
元々はメリーゴーランドに使われていた馬?フェンス外の、あやうい位置に配置されている。

遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館
少年警官

遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館
視線

遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館


遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館


遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館


遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館
雑然とぬいぐるみが詰め込まれた、宇宙船風の大型遊具

遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館


遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館


遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館
ヘビ柄?謎のオブジェ

遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館


遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館
適当に積まれたぬいぐるみ

遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館


遊亀公園付属動物園のゆうえんち・アングラ写真館

日記, 生き物

Posted by 蝉山