12/1 いただいたメッセージへのご返信はこちら

ハーパーズ・ミルと吉祥寺カレーの系譜(山梨県甲府市)

山梨県甲府市にある、カレーとコーヒーのお店「ハーパーズ・ミル」に行ってきました。

お店は、以前ブログでご紹介した山梨県地場産業センター(かいてらす)の向かいにあります。



甘すぎず、スパイシーなハーパーズ・ミルの欧風カレー

ハーパーズ・ミル スペシャルカレー

スペシャルカレー(1100円)
肉・エビ・野菜・キノコ入り。


初訪問の今回、僕はスペシャルカレーを、妻のバク子は野菜カレーを注文しました。


辛さが三段階で選べます。
一番辛くない「普通」をチョイスしたんですが、それでも欧風カレーにしては辛みが強めでした。

欧風カレーではあるんですが、甘さは強くなく、酸味は弱めで好みの味でした。

コクと深みを感じるカレーで、具はよく煮込まれていてとても美味しかったです。

ハーパーズ・ミルと吉祥寺カレーの系譜(山梨県甲府市)
つけ合わせの福神漬けとラッキョウ。


ハーパーズ・ミルのカレーの原点は吉祥寺「まめ蔵」

ハーパーズ・ミルのカレーの源流は、東京・吉祥寺のカレーの名店「まめ蔵」である事が、ハーパーズ・ミルのホームページで店長の坂田ひさしさんによって語られています。


たまたま吉祥寺の街をぶらぶらしていると、アルバイト募集のはり紙が目にはいった、それがカレーと珈琲の店「まめ蔵」との出会い。

おいら女房と二人、店のマスターに会って訳を話たんだ、店を開きたいから雇ってくれないかって、それから「まめ蔵」で働くことになった。

マスターの南さんはその時、版画やイラストの勉強をしていて、カレー屋をしながら自分のやりたいことをやっていたのさ。

ハーパーズ・ミルHP About Harper’s Millより引用


フォークシンガーを志していた坂田さんは、カレー屋を営みながら自分のやりたい事をやっていたまめ蔵のマスターの生き方に、強い感銘を受けたそうです。

ハーパーズ・ミルはカレーとコーヒーのお店でありつつ、ライブ会場やギャラリーにもなる、カルチャーの発信地として存在しているんですが、そういう理由があったんですね。

まめ蔵で3年間働いた坂田さんは、1985年1月に山梨県甲府市で「ハーパーズ・ミル」をオープン。
1992年には自身の設立したインディーズレーベルからCDも発売するなど、現在に至るまで精力的な活動を続けられています。

まめ蔵からハーパーズ・ミル、月夜のライオン、ハミルに続く吉祥寺カレーの系譜

ハーパーズ・ミルの源流になったのは吉祥寺の「まめ蔵」ですが、ハーパーズ・ミルから巣立って行った「孫店」とも言えるお店が、山梨県に複数存在しています。


ハーパーズ・ミルでお店の方に聞いた限りでは、山梨県にある「月夜のライオン」と「ハミル」というお店の店長が以前ハーパーズ・ミルで働いており、その後独立して、それぞれのお店を立ち上げたそうです。


月夜のライオンは、以前このブログでも取り上げた事があります。
そう言えば、月夜のライオンの店内にある冊子に、ルーツは吉祥寺カレーだと書いてあったような気がします。
新型コロナウイルスの出現以降、月夜のライオンはテイクアウト専門店として営業中です。




ハミルについては行った事が無いんですが、いずれ訪れてみたいと思っています。


ハーパーズ・ミルの風景

締めに、ハーパーズ・ミルで撮った写真をご紹介したいと思います。

ハーパーズ・ミル 山梨県甲府市 絵
店内に飾られていた絵。アメリカバイソン?
色合いが良いですね!


ハーパーズ・ミル 山梨県甲府市 メニュー
お店入口のメニュー。


ハーパーズ・ミル 山梨県甲府市 メニュー
手書きメニュー。


ハーパーズ・ミル 山梨県甲府市 ピアノ
店内にあった古いピアノ。


ハーパーズ・ミル 山梨県甲府市 ギター


ハーパーズ・ミル 山梨県甲府市 店内


この記事を書いた人
せみやま せみやま
生き物が大好きなWebエンジニアです。
身近な自然を楽しみながら暮らしています。
詳細なプロフィール