修理不可!壊れかけのXZ-10

修理不可!壊れかけのXZ-10

以前紹介したオリンパスのコンパクトデジカメ、XZ-10。



まだ持っているんですが、けっこう致命的な故障が発生してしまい、気楽に使えるカメラではなくなってしまいました。





電源オフにしてレンズを収納する時の動きがおかしくなり、電源ボタンを押してから、完全にレンズが収納されるまで15秒ほど待たないといけないカメラになってしまいました。

修理して使いたかったんですが、製造元に部品が無いとの事で、修理も不可能。


オリンパスの映像事業自体、他社に売却されたようなので、手厚いサポートは期待出来なそうです。

さすがに新しめの機種はサポートしてくれだろうと思うんですが、amazonで別のオリンパス製カメラのレビューを見たら、発売から4年も経っていない機種で修理を断られたという投稿があったので、ちょっと怖いところです。


広角時の歪み

修理不可!壊れかけのXZ-10

修理不可!壊れかけのXZ-10

これは故障とは関係無い、このカメラの特徴ですが、広角端で撮った際の歪みは、かなり大きいカメラです。

上の写真みたいに、直線的なものを撮るとよく分かるんですが、けっこう激しく歪むんですよね。
センサーの小さいカメラなので、仕方のない事だとは思うんですが。

マクロや中望遠撮影が得意なカメラなので、生き物をマクロで撮ったりする分には、あまり気にならない特徴ではあるんですけどね。

あくまで広角端の話で、望遠にすれば、直線的なものを撮る際も、上の写真の障子ほど歪む事はないです。


この記事を書いた人
蝉山 蝉山
生き物・動物が大好きなWebエンジニアです。アニメは世界名作劇場が好きです。山梨の可愛いゆるキャラ「やはたいぬ」についても紹介してます。趣味で4コマ漫画も描いています。

オリジナルグッズも販売中!

詳細なプロフィールはこちら。

カメラ

Posted by 蝉山