触角が長いハチ ニッポンヒゲナガハナバチ

触角が長いハチ ニッポンヒゲナガハナバチ


4月ごろの事です。ある日庭に出てみると、花から花へと、ハチが蜜を求めてブンブンと飛び回っていました。


初め、ミツバチかな?と思ったんですが、どうも雰囲気が違うので調べてみると「ニッポンヒゲナガハナバチ」というハチである事が分かりました。

オスの触角がとても長い!ニッポンヒゲナガハナバチ

ニッポンヒゲナガハナバチ オス

ミツバチよりずんぐりした体型で、オスの触角がとても長いことから「ヒゲナガ」の名があります。


ニッポンヒゲナガハナバチ オス
アマドコロの花の蜜が好きみたいで、花から花へと、忙しく飛び回っていました。


ニッポンヒゲナガハナバチ メス
こちらはメスで、オスより触角が短いのが特徴です。

最初、メスを見て「ミツバチかな」と思ったんですが、最初からオスを見ていたら、触角の長さで、違うと分かったでしょうね。


ニッポンヒゲナガハナバチ メス
セイヨウキランソウの花に飛んできたニッポンヒゲナガハナバチのメス。


ニッポンヒゲナガハナバチには、近縁種にシロスジヒゲナガハナバチ、ミツクリヒゲナガハナバチという種もおり、翅脈の形などで判別できるようですが、今回の写真では何とも言えなかったので「ニッポンヒゲナガハナバチ」と言う事にしておきました。


この記事を書いた人
せみやま せみやま
生き物が大好きなWebエンジニアです。
身近な自然を楽しみながら暮らしています。
詳細なプロフィール

昆虫・節足動物

Posted by せみやま