カテゴリー

RX10M4 Lサイズ全画素超解像ズームとSサイズ光学+スマートズームの比較

ソニーの高倍率コンデジ、DSC-RX10M4。

1インチの大型センサーによる高画質と高速なAFとで、野鳥専門誌「バーダー」誌上でも絶賛されているカメラです。

このカメラ、光学ズームは35mm換算600mmまでと控えめですが「全画素超解像ズーム」や「スマートズーム」など、デジタル処理によるズーム機能を使う事で、1/2.3型の高倍率コンデジ並みの高倍率を得る事が出来ます。

RX10M4 全画素超解像ズーム

全画素超解像ズームはスマホなどで使えるデジタルズームと基本的には同じですが、独自の画像処理によって劣化の少ないズームが可能です。

RX10M4 スマートズーム

写真の画像サイズをSかMに設定している時に利用可能なズームです。

最大撮影サイズから、任意のサイズに画像を切り出して写真として保存するため、劣化がありません。
画像サイズMで1.4倍、Sで2倍にズームする事が出来ます。

全画素超解像ズームと2倍スマートズームの比較

2倍全画素超解像ズームと2倍スマートズームの画質はどれくらい差があるのか、気になったので比較してみました。

全画素超解像ズームはデジタル加工した画像であり、スマートズームは切り出した画像なので、原理上、スマートズームの方が高画質なのでは?と思っていました。

RX10M4 Lサイズ全画素超解像ズームとSサイズ光学+スマートズームの比較
上:全画素超解像ズーム(2倍)


RX10M4 Lサイズ全画素超解像ズームとSサイズ光学+スマートズームの比較
下:スマートズーム(2倍)


パソコンのモニターで比較してみましたが、結論としてはほぼ違いが分かりませんでした。

モニター上ではほぼ違いが分かりませんでしたが、大きく写真として印刷する場合などはピクセル数が小さいと、引き伸ばす形になってしまうので、全画素超解像ズームの方が有利かも知れません。


印刷を前提としないのであれば、スマートズームの方が画像サイズが小さく、記憶媒体の容量を圧迫しないので、スマートズームを使うメリットはあると思います。


まとめ

・全画素超解像ズーム(2倍)とスマートズーム(2倍)で、画質に大きな違いは無い
・印刷時はピクセル数の大きい全画素超解像ズームが有利
・印刷をしない場合は、ディスク容量を圧迫しないスマートズームにもメリットあり


カメラ

Posted by 蝉山