12/1 いただいたメッセージへのご返信はこちら

将棋の古屋皓介山梨アマ名人、公開模範対局で渡辺明名人に勝利

2021年11月16日

2021年11月14日に山梨県の山日YBSホールで行われた将棋公開模範対局で、古屋晧介 山梨県アマ名人が渡辺明名人に、角落ちで勝利しました。



将棋公開模範対局とは

山梨日日新聞社・山梨放送と静岡新聞社・静岡放送が主催する将棋の非公式戦で、現役の名人と山梨・静岡のアマチュア名人が駒落ちで対局します。

それぞれの県の新聞社のビルで、一年ごとに交代で開催されます。(前年が山梨の山日YBSビルで開催だったら、翌年は静岡新聞のビルで開催するなど)

古屋晧介アマの公開模範対局での戦績

2010年の公開模範対局は地元山梨での開催で、僕も会場に足を運んで観戦しました。

山梨県のアマ名人として古屋アマが羽生名人と戦い、古屋アマが角落ちで羽生名人に勝ち、驚きました。

故・米長邦雄 将棋連盟会長(当時)が解説を担当されていて、その軽妙な語り口がとても楽しかったのを、よく憶えています。

以下、2012年以降の公開模範対局での、古屋アマの戦績について記載します。
全て、名人が角を落としての対局になります。
※称号は当時のものになります。

2012年(平成24年度)の公開模範対局では、古屋アマは森内名人と戦い、古屋アマが勝利。

2013年(平成25年度)も、前年と同じく古屋アマは森内名人と戦い、古屋アマが勝利。

2017年(平成29年度)は、古屋アマと佐藤天彦名人が戦い、佐藤天彦名人が勝利。

ちなみに佐藤天彦名人は1988年1月16日生まれ、古屋アマは1988年1月4日生まれです。

2017年の対局時には、古屋アマが「佐藤名人と私は、生年月日が年と月まで同じですが、名人は私とは別次元の人であり、普段なら絶対に指せない相手なので、今回は楽しみながら指したいと思います」と語っています。

2018年(平成30年度)は、前年と同じく古屋アマと佐藤天彦名人が戦い、古屋アマが勝利。

2019年(令和元年度)は、古屋アマと豊島名人が戦い、豊島名人が勝利。

そして2021年(令和3年度)、前述したように、古屋アマと渡辺明名人が戦い、古屋アマが勝利しました。


2017年の公開模範対局では、開設の青野九段による「古屋さんは全国レベルのアマチュア選手です。このクラスに角落ちの上手で勝つのは、名人でも相当に大変です」という言葉が語られました。

将棋のアマチュアのレベルがどんどん向上しているという事なんだと思いますが、やはり、角落ちとはいえ時の名人に勝つのを見ると、すごいなと感じてしまいます。


この記事を書いた人
せみやま せみやま
生き物が大好きなWebエンジニアです。
身近な自然を楽しみながら暮らしています。
詳細なプロフィール