カテゴリー

美味しい蜜入りリンゴ「はるか」を食べてみた

美味しい蜜入りリンゴ「はるか」を食べてみた

このブログ、僕が果物好きな事もあって、果物についての記事が多いんですが、今回はリンゴです。

岩手県が生み出した黄色いリンゴ「はるか」をいただいたので、ご紹介したいと思います。

岩手県で生まれた黄色いリンゴ「はるか」

美味しい蜜入りリンゴ「はるか」を食べてみた

はるかは1977年、岩手大学農学部の園地に播かれた「ゴールデンデリシャス」の自然交雑種子がルーツとされています。

DNAの解析により、交配親の品種はゴールデンデリシャスが母、花粉親が「スターキング・デリシャス」であると推定されています。

交配親のどちらもアメリカ産のリンゴですが、生み出された場所は岩手というのが面白いですね。


リンゴ「はるか」の味は?

黄色いリンゴというのが珍しいですが、見た目もとても美味しそうです。

味はと言うと、実はとてもしっかりしており果肉は時期にもよりますが硬めです。

そして、甘みがとても強い!

カキなんかだと、果肉が熟して柔らかくなるにつれ甘みも増すんですが「はるか」の果肉は、ちゃんと硬いのに、蜜が入っててめちゃくちゃ甘いんです!

美味すぎる!!


これまで食べたリンゴの中で一番好きかもしれません。


アダムとイブが食べて楽園を追放されたというリンゴは、この品種なんじゃないでしょうか?
(時系列がおかしいけど)


こんなに美味しいリンゴをいただけて、ありがたい事です。

ごちそうさまでした!!


これまでの果物の記事はこちらです↓





この記事を書いた人
せみやま せみやま
生き物が大好きなWebエンジニアです。
山梨県で、身近な自然を楽しみながら暮らしています。

stand.fmでラジオを配信中です!
セミラジオ@自然を愛するWebエンジニア
※アプリが無くても聴く事ができます。

自作の漫画4コマイラストも制作しています。

かわいい恐竜のLINE着せ替えTシャツ・グッズも販売中!

詳細なプロフィールはこちら。

ツイッター:
インスタグラム:

日記,食べ物・飲み物

Posted by せみやま