LUCKY DOG(黄桜・ KIZAKURA)

LUCKY DOG(黄桜・ KIZAKURA)

今日の晩酌は黄桜株式会社の「LUCKY DOG」で。

黄桜というと、カッパの歌で有名な日本酒メーカーですが、ビール製造の歴史は意外と長く、1995年から開始しています。
90年代の「地ビール」ブームの頃から今にいたるまで、個性的なビールを出し続けているメーカーです。

LUCKY DOG(黄桜・ KIZAKURA)

この「LUCKY DOG」は、黄桜が展開するビールのラインナップの「LUCKYシリーズ」の1商品。
他にも「LUCKY CAT」「LUCKY CHICKEN」など、動物イラストが目印の商品が展開されています。

地元のスーパーやコンビニでは、「LUCKY DOG」と「LUCKY CAT」しか見た事が無いですね。
「LUCKY CHIKEN」(ニワトリ)や「LUCKY COW」(牛)も、地元で買えれば試してみたいなあ。




LUCKY DOGの特徴

苦みがやや前面に立つペールエール

一口含むと、わりとキリッとした苦みが感じられます。
香りも適度に感じられ、全体的にバランスの良い、美味しく飲めるビールだと思います。

京都の名水使用!

黄桜のLUCKYシリーズの特徴として、京都の名水で作られたビールである事が挙げられます。

日本酒メーカーとして、京都の名水を使った酒造りをしてきた黄桜ならではですね。

原材料にお米が使われている!

原材料を見ると、なんと「米」の記載が。
世界広しと言えども、お米が使われているビールはほぼ無いのではないでしょうか?

このLUCKY DOGに関して言うと、普通に飲んだ限りでは、お米の風味を感じる事は無いんですけどね。

原材料・米。
これも黄桜ならではの特徴と言えると思います。

ホップはカスケードを使用

ホップには、香りの良さからクラフトビールに多く用いられ、「IPA(インディアンペールエール)には欠かせない」と言われる「カスケード」を使用しています。

高い完成度を誇るが、強力なライバルが・・・

このビールとよく似た方向性のビールとして、オラホビールの「キャプテンクロウ エクストラペールエール」があります。

LUCKY DOG(黄桜・ KIZAKURA)

クッキリとした苦みと、濃厚なホップの香りが特徴のIPAで、クラフトビールが好きな人なら全員知っているんじゃないでしょうか。



「LUCKY DOG」、善戦はしていると思うんですが、同じ方向性、価格帯のビールとして「キャプテンクロウ」の存在があまりにも大きく、この2商品が並べられた時、「LUCKY DOG」を選ぶ理由というのは、自分にはあまり見つけられなかったです。

黄桜のビールの中でも「Japanese Spirit」というペールエールは、やはり「キャプテンクロウ」と同じ方向性のビールではありましたが、結構、競っていたような気はするんですが、あまり売っていないので、比較検討出来ずにいます。

黄桜 Japanese Spirit


まあ、ペールエールなら「キャプテンクロウ」買っておけば間違いない、みたいな所は正直あります。

ただ、大手メーカーが作るビールにほとんど美味しいと思える商品が無い中、「LUCKY DOG」は健闘していると思うので、より美味しく、面白いビールを出してくれたらいいなと思っています。

黄桜の今後に期待しています!


LUCKY DOG(黄桜・ KIZAKURA)
created by Rinker
京都麦酒
¥7,178 (2020/11/24 20:52:19時点 Amazon調べ-詳細)
この記事を書いた人
蝉山 蝉山
生き物が大好きなエンジニアです。
山梨県で、身近な自然を楽しみながら暮らしています。
自作の漫画4コマイラストも制作しています。

かわいい恐竜のLINE着せ替えTシャツ・グッズも販売中!

詳細なプロフィールはこちら。

ツイッター:
インスタグラム: