山梨県 千代田湖で野鳥撮影(キンクロハジロ、スズガモ、カンムリカイツブリ)

2020年の12月、山梨県甲府市にある人造湖、千代田湖に野鳥観察に行きました。
夕暮れが近かったので、あまり長時間は探索できませんでしたが、近所の探鳥地では見られない水鳥を観察する事ができました。

千代田湖とは

千代田湖は甲府の北西部にある農業灌漑用水用の人造湖で、1937年に建設されました。

ヘラブナやブラックバスが多数生息しており、釣り糸を垂れる人の姿が多く見られます。

色んな水鳥を観察する事ができるスポットでもあります。

ヒドリガモ

ヒドリガモ 千代田湖
ブラウンの羽毛のカモ、ヒドリガモの群れがいました。
今回、一番数が多い野鳥だったかもしれません。

キンクロハジロ

キンクロハジロ 千代田湖
潜水して採食するカモ、キンクロハジロの群れがいました。

黄色い目がアクセントになっています。


キンクロハジロ 千代田湖

キンクロハジロ 千代田湖
こちらはキンクロハジロのメスです。
白黒はっきりしたカラーリングのオスと違って、胸部が茶色みがかっているのが特徴です。

カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリ 千代田湖
カンムリカイツブリにも会う事ができました。

カイツブリの仲間は潜水が上手で、頻繁に潜るため姿を見失いやすく、潜った場所とは全然違う所に顔を出すので、撮影の難易度はカモ類などよりも高めです。

スズガモ

スズガモ 千代田湖
スズガモのメスがいました。

スズガモはキンクロハジロによく似ていますが、キンクロハジロにはある後頭部から伸びる冠毛が無く、頭部が丸みを帯びているのが特徴です。

ホシハジロ

ホシハジロ 千代田湖
赤い目をした潜水ガモ、ホシハジロの姿も見る事ができました。

ジョウビタキ

ジョウビタキ 千代田湖
ジョウビタキのオスが枝に留まっていました。

まとめ

今回会う事ができた野鳥の一覧です。

・ヒドリガモ
・キンクロハジロ
・スズガモ
・カンムリカイツブリ
・オオバン
・ホシハジロ
・ジョウビタキ
・コゲラ


おまけ

山梨県 千代田湖で野鳥撮影(キンクロハジロ、スズガモ、カンムリカイツブリ)
千代田湖周辺に打ち捨てられていたコアラの遊具です。
目が虚ろで怖いですね。
この記事を書いた人
せみやま せみやま
生き物が大好きなWebエンジニアです。
身近な自然を楽しみながら暮らしています。
詳細なプロフィール

野鳥

Posted by せみやま