山梨県 貢川で野鳥撮影(カワセミ、キセキレイ、セグロセキレイ等)

2020年の12月、山梨県の貢川周辺に探鳥に行きました。

カワセミ

カワセミ 貢川 山梨
みんな大好きカワセミ。
この時は、10メートルほど先に留まってくれて、かなり至近距離で撮影する事ができました。

カワセミはクチバシの下部が赤いのがメス、クチバシ全体が黒っぽいのがオスなので、この個体はオスですね。


カワセミ 貢川 山梨
出来る男は、背後の警戒も怠りません。
(貢川は、野良猫が多い場所でもあります)


キセキレイ

キセキレイ 貢川 山梨
水辺を好むセキレイの仲間、キセキレイがいました。

キセキレイはアフリカまで分布する、広い生息範囲を持つ鳥でもあります。


キセキレイ 貢川 山梨
伊藤園の麦茶とのツーショット。
決して清流ではない貢川ですが、鳥たちはたくましく生きています。

セグロセキレイ

セグロセキレイ 貢川 山梨
こちらもセキレイの仲間、セグロセキレイ。
セグロセキレイはほぼ日本固有種(ロシア、朝鮮半島、中国、台湾など近隣での目撃例あり)ですが、近縁種で適応力の高いハクセキレイに圧され、数を減らしています。

日本を拠点にしている鳥として、見かけると応援したくなります。

トビ

トビ 貢川 山梨
身近な猛禽類のトビが旋回していました。

コガモ

山梨県 貢川で野鳥撮影(カワセミ、キセキレイ、セグロセキレイ等)
コガモの小さな群れがいました。
換毛中だったのか、このオスはちょっと羽毛が乱れていますね。

山梨県 貢川で野鳥撮影(カワセミ、キセキレイ、セグロセキレイ等)
コガモのメス。渋い色合いですが、悪役レスラーの様な見た目のオスよりも落ち着いていていい感じな気もしてきました。

カワラヒワ

山梨県 貢川で野鳥撮影(カワセミ、キセキレイ、セグロセキレイ等)

電線に群れで留まっていたカワラヒワ。
一見、スズメに見えましたが、双眼鏡で見てみるとカワラヒワだという事が分かりました。
スズメ大の鳥はパッと見、スズメかと思ってスルーしそうになるんですが、やはりきっちり観察しないといけませんね。

ジョウビタキ

山梨県 貢川で野鳥撮影(カワセミ、キセキレイ、セグロセキレイ等)

オレンジ色の腹部が鮮やかなジョウビタキのオスも、カワラヒワの近くの電線に留まっていました。

まとめ

今回観察できた野鳥

カワセミ
キセキレイ
セグロセキレイ
コガモ
カワラヒワ
ジョウビタキ
キジバト
オオバン
ヒヨドリ
トビ
コガモ
マガモ
この記事を書いた人
せみやま せみやま
生き物が大好きなWebエンジニアです。
身近な自然を楽しみながら暮らしています。
詳細なプロフィール

野鳥

Posted by せみやま