シルクの里公園の周辺で目撃した、蝶の奇妙な食性

今日はエヴァムエヴァでランチを食べるついでに、近くにあるシルクの里公園に探鳥に行きました。


シルクの里公園はやまなし野鳥の会ホームページで山梨の探鳥地として紹介されており、豊かな自然の中にある大きな公園です。


シルクの里公園の周辺で目撃した、蝶の奇妙な食性
残念ながらまん延防止等重点措置の最中のため、園内に入る事は出来ませんでした。

予想はしていたんですが、山梨県内でも完全に閉鎖されていない公園もあるため、もしかしたら入れるかなと期待してましたが、やはりダメでしたね。


気を取り直して、妻のバク子と一緒に周辺をぷらぷらと散策する事にしました。


蝶は糞が好き? スミナガシとアカボシゴマダラ

坂の上にお寺があるという立て札を見つけて少し登ってみたところ、見た事の無い蝶を見つけました。


スミナガシ

最初、オオムラサキのメスかな??と思ったんですが、後で調べてみるとスミナガシという蝶でした。


近づいても逃げないので写真を撮っていたんですが「なんか臭いな」と気づき、バク子と一緒によくよく観察すると、なんと赤い口吻を伸ばして動物の糞…ウンウンを吸っていました。


さらにすぐ近くでアカボシゴマダラという蝶がウンウンに留まっているのも目撃しました。

アカボシゴマダラ
アカボシゴマダラ。


蝶ってそんなにウンウンが好きなのか!?
花の蜜とか吸ってるイメージしか無かったのに…。

…と混乱したんですが、調べてみると今日、ウンウンに留まっていた二種類はどちらもタテハチョウ類というグループの蝶で、タテハチョウ類は特にウンウンが好きなのだそうです。

ウンウンを利用する昆虫と言えばファーブル昆虫記に出て来るフンコロガシが有名ですが、蝶も相当なウンウン好きだったのですね。
この記事を書いた人
せみやま せみやま
生き物が大好きなWebエンジニアです。
身近な自然を楽しみながら暮らしています。
詳細なプロフィール

昆虫・節足動物

Posted by せみやま