12/1 いただいたメッセージへのご返信はこちら

イワコーの恐竜消しゴム

2021年6月27日

イワコーの恐竜消しゴム


地元、甲府駅の駅前に「山交百貨店」という百貨店がかつてあり、曲がるエスカレーターなどバブルの遺産を残した建物だったんですが、今年改装されてヨドバシカメラになりました。

今回ご紹介するイワコーの恐竜消しゴムは、その「山交百貨店」の閉店セールで買ったものです。


おもしろ消しゴムメーカー、イワコー

今回の恐竜消しゴムを制作しているイワコーという会社は昭和43年に創業して以来、動物・乗り物・お寿司や野菜など、身近なものをテーマにした「おもしろ消しゴム」を作り続けています。

下の動画は、恐竜消しゴムを含めたイワコーの商品の楽しさが詰まった「消しゴムのPV」です。



イワコーの恐竜消しゴム

イワコーの消しゴムのデザインは、デフォルメ感が強い、可愛いものが多いんですが、この恐竜消しゴムだけは例外で、サイズ的には5cm前後と小さい割に、やけにリアルな造形が魅力です。

ティラノサウルス

イワコー 恐竜消しゴム ティラノサウルス
肉食恐竜の代表格、ティラノサウルス。

イワコー 恐竜消しゴム ティラノサウルス
サイズは6cm程ですが、なかなかの迫力です!


イワコーの恐竜消しゴム
created by Rinker
イワコー
¥550 (2021/12/03 02:24:14時点 Amazon調べ-詳細)


トリケラトプス

イワコー 恐竜消しゴム トリケラトプス
トリケラトプスの皮膚のしわの表現も、子供向け消しゴムとは思えない渋さです。


ステゴサウルス

イワコー 恐竜消しゴム ステゴサウルス
脳が小さく、尻尾を噛まれてから脳に痛みが伝わるまで数秒かかったというステゴサウルス。
よく見ると、皮膚の模様のニュアンスも、細かく造形されていますね。


アンキロサウルス

イワコー 恐竜消しゴム アンキロサウルス
装甲のような硬い皮膚を持ち、先端に骨塊を備えた尾を振り回して肉食恐竜に対抗したアンキロサウルス。
重厚感がよく表現されています。


プテラノドン

イワコー 恐竜消しゴム プテラノドン
恐竜と同時代に生息した空飛ぶ爬虫類、翼竜のプテラノドン。
赤い、ド派手な色彩が新鮮です。

イワコー 恐竜消しゴム プテラノドン

イワコー 恐竜消しゴム プテラノドン




イワコーの恐竜消しゴム
4大恐竜+1翼竜、大集結!
(生息年代がバラバラなんですが)


パラサウロロフスやブラキオサウルスなど、まだ手に入れていない恐竜消しゴムもあるので、ぜひとも入手して並べたいな~と思っています。
※2021年6月27日に追加分の恐竜について、下に追記しました!


パラサウロロフス

イワコー 恐竜消しゴム パラサウロロフス
カモノハシ恐竜のパラサウロロフス。
頭のとさかで大きい音を出していました。
ライトイエローの体と緑の背中、いい色合いですね。

イワコー 恐竜消しゴム パラサウロロフス


スピノサウルス ライトブラウン

イワコー 恐竜消しゴム スピノサウルス ライトブラウン
水陸両棲で、魚食性だったスピノサウルス。

イワコー 恐竜消しゴム スピノサウルス ライトブラウン
後で紹介する「ブリスターパック消しゴム 恐竜セット2」にはスピノサウルス(カーキ)が同梱されていますが、色的にはライトブラウンの方が好みです。


ブリスターパック消しゴム 恐竜セット2(イワコー)

以前からイワコーの恐竜消しゴム「ブラキオサウルス」が気になっていたんですが、地元のお店ではブラキオサウルスの単品消しゴムや、ブラキオサウルスを含むセットが売っていませんでした。

今回、ついにamazonでブラキオサウルスを含む「ブリスターパック消しゴム 恐竜セット2」を購入して、ブラキオサウルスを入手する事ができました!





プテラノドン 青

イワコー 恐竜消しゴム プテラノドン 青
青いプテラノドンも単品で購入する事ができました。

イワコー 恐竜消しゴム プテラノドン 青

イワコー 恐竜消しゴム プテラノドン 青
かなり筋肉質。


ブラキオサウルス

イワコー 恐竜消しゴム ブラキオサウルス
巨大な竜脚類、ブラキオサウルスも消しゴム化。
イワコーのチャレンジ精神をビシビシと感じます!

おそらく、恐竜消しゴム史上、最大サイズのプロダクトではないでしょうか。

イワコー 恐竜消しゴム ブラキオサウルス

イワコー 恐竜消しゴム ブラキオサウルス

スピノサウルス カーキ

イワコー 恐竜消しゴム スピノサウルス カーキ
カーキ色のスピノサウルス。

水陸両棲のスピノサウルスなので、ワニをイメージしたカラーリングかもしれません。

ヤシの木

イワコー 恐竜消しゴム ヤシの木
ヤシの木(台座つき)も同梱していました。

恐竜世界の雰囲気づくりにも、単品のおもしろ消しゴムとしても。

こういう外堀もきっちり埋めてくる、イワコーの世界観に心をつかまれます。


この記事を書いた人
せみやま せみやま
生き物が大好きなWebエンジニアです。
身近な自然を楽しみながら暮らしています。
詳細なプロフィール