5/14 デイバイデイの記事に、情報提供いただいた韮崎店について追加しました!
5/14 いただいたメッセージへのご返信はこちら

ルーズ・ザ・ウェイという曲(大槻ケンヂ/特撮)

大槻ケンヂの曲が好きで、高校生の頃から今まで、頻度の波はありますが、ずっと聴いています。

大槻ケンヂが率いるバンド「特撮」に「ルーズ・ザ・ウェイ」という曲があるんですが、この曲が本当に好きで、特によく聴いています。





妻のバク子にも「この曲めっちゃ好きなんだよ!」と何度か聴いてもらったり、作業中にかけていたら、最近「大槻ケンヂも言ってたもんね。傀儡になるなって…」と、歌詞に絡めた話をふってくれるようになりました。

歌詞がすごく刺さった!との事で、嬉しくなったんですが、その言葉に続いて「曲はあんまりピンとこないんだけどね!」と言われ、曲は刺さってないんか~い!と衝撃を受けました。

僕は逆に曲調が好きで、歌詞の意味はよく分からないところもあるので、あまり深く考えていませんでした。

同じ曲が好きなのに、刺さっている所が全然違ったんですね。


ルーズ・ザ・ウェイの歌詞が読めるリンクです↓



大好きな曲なので、この機会に、自分なりに歌詞の意味を考えてみようと思いました。


タイトルである「ルーズ・ザ・ウェイ」は迷子。という意味ですね。

改めて歌詞を読んでみると、人生において次々に遭遇する困難や惑わせるもの、自分の不確かさに翻弄されながらも、自分の道を見失わないようにしていこう。

そんな感じを受けます。

天秤とか、抽象的な表現がありますが、これはバク子とも意見を交わしてみたんですが、色んな価値を秤にかけて、自分にとって納得できる道を選び取ろう。
そんなイメージかなと思います。


キラーチューンのような、けれん味や派手さはない、非常に落ち着いた曲なんですが、その分、歌詞に込められた想いが沁みるように感じます。


感覚を研ぎ澄ませて、自分の道を歩んで行こう。
オーケンの歌声が、そんな切実な祈りのように聴こえてくるんです。


アルバム「オムライザー」には原曲ver、「5年後の世界」には2011年verが収録されています。

created by Rinker
¥2,207 (2022/05/17 16:05:18時点 Amazon調べ-詳細)
この記事を書いた人
せみやま せみやま
生き物が大好きなWebエンジニアです。
身近な自然を楽しみながら暮らしています。
詳細なプロフィール