くまのパディントンはメガネグマ?後付けの設定の理由

くまのパディントンはメガネグマ?後付けの設定の理由

くまのパディントンとは?

くまのパディントンは、イギリスの作家マイケル・ボンドの児童文学に登場するクマのキャラクターです。
1958年に出版された「くまのパディントン/A Bear Called Paddington」以降、同シリーズの主人公です。

くまのパディントン 出身地はメガネグマの住むペルー。

パディントンの出身地は「メガネグマの住むペルー出身」という設定です。
しかし、パディントンはメガネグマとは似てもにつかない姿をしています。
何故なのでしょう?

くまのパディントン 初期設定ではアフリカ出身だった!

作者は、くまのパディントンを「暗黒の地・アフリカ」からやってきたという設定にしようと考えていましたが、アフリカにはクマが生息していない事を知らされ、テコ入れを余儀なくされました。
そこで、メガネグマが生息しているペルーからやって来た、という後付けの設定がパディントンに付け加えられました。

くまのパディントン メガネグマっぽく見えないのは、後付けの設定だから。

後付けの設定でペルー出身になったパディントンですが、出身地の設定に合わせてデザインが変更される事は無く、メガネグマを思わせる要素はありません。
特にどの種類のクマとも言いがたい「クマという概念」のようなキャラクターになっています。

色んなイラストレーターの手で作画がされていますが、帽子にフードに旅行カバンを持ったクマ、という基本のキャラクターデザインが優れていたからこそ、年代を超えて愛されるキャラクターになっているように感じます。

最近では、スマホゲームや映画化もされていますね。



この記事を書いた人
蝉山 蝉山
生き物・動物が大好きなWebエンジニアです。アニメは世界名作劇場が好きです。山梨の可愛いゆるキャラ「やはたいぬ」についても紹介してます。趣味で4コマ漫画も描いています。

オリジナルグッズも販売中!

詳細なプロフィールはこちら。

生き物

Posted by 蝉山