キオビツチバチ メスはお尻に黄色の斑点。

キオビツチバチ メスはお尻に黄色の斑点。

キオビツチバチは、コガネムシの幼虫に卵を産み付けて幼虫の餌にする、寄生バチの一種です。

オスよりメスの方が大きく、大きい個体は体長2.5㎝ほどと、なかなか存在感のあるハチです。

キオビツチバチ 黒い大型のハチ。メスはお尻に黄色の斑点、オスは黄色い帯が。

メスのお尻には左右一対の黄色い斑点があり、オスも同様ですが、オスの場合は二つの斑紋が大きい上に接近しており、一文字の黄色い帯状になっています。
これが和名の「キオビ」の由来になっています。

キオビツチバチ 観葉植物・園芸家の頭痛のタネ・コガネムシの天敵!

キオビツチバチ メスはお尻に黄色の斑点。

コガネムシの幼虫は、地中で暮らし、植物の根を主食にして成長します。

観葉植物を育てていたり、家庭菜園をやっている方にとっては恐るべき相手で、大事に育てた植物が、水も肥料もちゃんとあげているのに元気がない…。
なぜ? と思ったら、コガネムシの幼虫に根っこを食い荒らされていた。というのは、よくある話です。

キオビツチバチのメスは、地面に潜ってコガネムシの幼虫にお尻の毒針で麻酔をかけ、卵を産み付けます。
産み付けられたキオビツチバチの幼虫は、コガネムシの幼虫を食べて育ちます。

コガネムシの幼虫は哀れですが、観葉植物を育てていたり、家庭菜園をやっている方にとっては歓迎すべき益虫と言えますね。

キオビツチバチ 歩くの大好き?巣も地面に作るハチ

キオビツチバチを含むツチバチ科は、巣も地面に作ります。
下で引用している動画で、巣を拡張するツチバチの姿が確認できます。
飛ぶことなく、ほぼほぼ歩いて移動する様子は、巨大なアリのように見えてきますね。





ツチバチは、寄生対象であるコガネムシを探す時も、地面をうろつき回っていますし、巣も地面にあるので、他のハチよりも地面を歩いている姿をよく見かけます。
体も大きく、存在感のある上にずんずん歩いているので、結構目立つと思います。

見慣れない、そこそこデカいハチがずんずん歩いていたら、ツチバチかも知れません!
機会があれば、ぜひ観察してみてください。
この記事を書いた人
蝉山 蝉山
生き物・動物が大好きなWebエンジニアです。アニメは世界名作劇場が好きです。山梨の可愛いゆるキャラ「やはたいぬ」についても紹介してます。趣味で4コマ漫画も描いています。

オリジナルグッズも販売中!

詳細なプロフィールはこちら。

生き物

Posted by 蝉山