山梨県立美術館 テオ・ヤンセン展で作品を動かしてみた!

山梨県立美術館で開催中のテオ・ヤンセン展に行ってきました。



テオ・ヤンセンとストランドビースト

山梨県立美術館 テオ・ヤンセン展で作品を動かしてみた!

オランダのアーティスト、テオ・ヤンセン氏が制作する作品群「ストランドビースト」は、砂浜に棲み、風を食べて生きるという設定の架空の生き物です。
塩ビ管やビニールテープなど、ホームセンターで売っているような一般的な素材で作られているにも関わらず、風力だけで本当に生き物のような動きを見せてくれます。

今回の展示では、多数のストランドビーストの実物を見る事ができるだけでなく、特定の時間に行われる「リアニメーション」では、実際に動くビーストを見る事ができます。

感覚機能を持つ「アニマリス・ペルシピエーレ・プリムス」

山梨県立美術館 テオ・ヤンセン展で作品を動かしてみた!

30年以上に渡って制作されているストランドビーストは、時代ごとに素材や機能の変化・進化を続けており、それぞれのビーストが生まれた年代は、現実の生物学にちなんで「リグナタム期」など、固有の名前がつけられています。
現実の生物学でいう「白亜紀」などにあたる訳ですね。

そして、それぞれの作品には、これも現実の生物学のような「学名」風の名前がつけられています。

僕が一番好きなビーストは「アニマリス・ペルシピエーレ・プリムス」という名前がつけられているもので、単に風を受けて進むだけではなく、ホースによって水の存在を感知して、進む方向を変える「感覚器」や、ペットボトルに圧縮した空気を溜め込み、風が無い時にも進める「胃袋」など、より自律的な、生物的な存在へと進化しています。

見た目も、本当に生き物らしくていいんですよね。

テオ・ヤンセンの作品を押したり引いたりしてみた!

山梨県立美術館 テオ・ヤンセン展で作品を動かしてみた!

展示の一角には、作品を自分で動かせる体験ブースがあり、僕もやってみました。

本来は風を受けて進むストランドビーストですが、この「アニマリス・オルディス」はBMWのCMのために制作されたビーストで、手頃なサイズのため、テオ・ヤンセンの展示では、来場者のための体験ブースに置かれるのが定番になっているそうです。

テオ・ヤンセンのリアニメーション

山梨県立美術館 テオ・ヤンセン展で作品を動かしてみた!

実際に動いている作品を見られる「リアニメーション」で、圧縮空気によって動いていた「アニマリス・プラウデンス・ヴェーラ」です。

圧縮空気によって客席近くまで迫ってきて、かなり迫力がありました!

山梨県立美術館 テオ・ヤンセン展で作品を動かしてみた!

これもリアニメーションで、顔をブンブン振って、元気に動いていた「アニマリス・アデュラリ」。

妻のバク子が「バクみたいでかわいい!」と言っていましたが、確かにかわいいビーストですね。



テオ・ヤンセンの作品は、それと認識せずに動画で見た事があったんですが、今回は成り立ちやその魅力をたっぷり楽しむ事ができました。

ミニサイズのビーストを作れるキットをまんまと物販コーナーで買ってしまったので、それについても今度書きたいと思います。


山梨県立美術館 テオ・ヤンセン展で作品を動かしてみた!
created by Rinker
¥3,980 (2021/09/23 06:59:27時点 Amazon調べ-詳細)
この記事を書いた人
せみやま せみやま
生き物が大好きなWebエンジニアです。
身近な自然を楽しみながら暮らしています。
詳細なプロフィール

日記

Posted by せみやま