山梨県都留・好浩の鍋焼きうどん

仕事で山梨県の都留に行った際に「好浩」というお店で鍋焼きうどんを食べました。

手書きのメニューに思わぬキャラクターを発見したので、ご紹介したいと思います。

山梨県都留のうどん屋 好浩(よしひろ)

都留は山梨県の郡内地域にある、山合いの街です。

甲府盆地で暮らす人間からすると、山が間近に迫ってくるように感じられて、自然と緑の気配が濃厚に漂っているという感じがします。

今回行ったうどん屋・好浩のマップです↓



うどんより先に、気になるものを見つけてしまった

お店に入ってメニューを手にとったところ、見覚えのあるキャラクターが目に飛び込んできました。

山梨県都留・好浩の鍋焼きうどん
これは…誰もが知っている国民的アニメのネコ型ロボット…


それと、お店オリジナル?の、天ぷらのキャラクター。

メジャーとローカリティが同居するメニューをうどんの前菜として、しみじみと味わいました。


真夏に食べる、熱々の鍋焼きうどん!

山梨県都留・好浩の鍋焼きうどん

「初回は鍋焼きうどん一択ですよ」という、熟練者の言葉に促されるまま、同行した全員が「鍋焼きうどん」を注文しました。

麺はコシがあってほどよい硬さで、この地域に多い「吉田のうどん」とは別系統のうどんという感じがしました。

卓上には辛み味噌が置かれ、お好みでかけられるようになっています。
思い切ってスプーン一杯分かけてみて、けっこう辛かったんですが、辛み味噌を加えたスープは旨味が増してとても美味しかったです。

肉の量はそれほででもありませんが、チャーシューっぽい厚めの肉で、満足感がありました。

他、エビ天やかき揚げも載っていて、650円でお腹いっぱいになれるコスパのいいうどんでした。

ただ、鍋の構造のせいかスープが全然冷めず、普通の速度で食べると口の中がズタボロになるほど熱いです。

他の人よりあんまり食べるのが遅れてはまずいなと思って、普段より急いで食べたんですが、かなり熱い思いをしました。

来店の際は、時間があるならゆっくり、火傷しないように食べる事をおすすめします。
冬は「冷めない」事がそのまま利点になる訳なので、ここの鍋焼きうどんは特に、冬に食べるのが絶好ですね。

今回試してはないですが、麺が美味しかったので、冷やしうどんもイケるんじゃないかと思います。


山梨県都留・好浩の鍋焼きうどん
レジ近くの長椅子に、ゆうがおが売っていました。

長椅子に巨大なゆうがおが置いてあって、なんだかその陳列風景がシュールだったので「ゆうがお風のクッション??」と思ったんですが、本物のゆうがおでした。
この記事を書いた人
せみやま せみやま
生き物が大好きなWebエンジニアです。
身近な自然を楽しみながら暮らしています。
詳細なプロフィール

食べ物・飲み物

Posted by せみやま