VSCodeでPHPの開発を始めた時にやった事

仕事でPHPのコードを書く時のエディタは、ずっとNet Beansを使っていましたが、VSCode(Visual Studio Code)への乗り換えを進めています。

動作が軽量で使いやすく、利用者が多いので問題に行き当たった時の情報も多く、エディタ自体のアップデートも頻繁に行われているので、今後のために移行を決めました。

さよならNet Beans…。

お前もまさしく友だった!!

VSCodeでPHPの変数名をダブルクリックした時、$マークも含めたい

PHPは変数名の先頭に$マークが付きます。

VSCodeのデフォルト設定のままだと、変数名をダブルクリックして選択した時に、この$マークだけ取り残されて「ア゙ア゙ーッ!」となり、精神衛生上よくありません。
まずはここを修正して、心の平安を取り戻しましょう。

「ファイル」 > 「ユーザー設定」 > 「設定」を開いて、右上の「設定(JSON)を開く」をクリック。
setting.jsonに、以下のコードを追加すれば、変数名ダブルクリックで$マークも含めて選択出来ます。
"editor.wordSeparators": "`~!@#%^&*()-=+[{]}\\|;:'\",.<>/?"

VSCode 関数の定義元にF12でジャンプ出来ない時の解決法

関数にカーソルを合わせてF12キーを押すと、その関数の定義元にジャンプ出来る機能。
最近のエディタには大体ついていますよね。
しかしPHPファイルで実行してみたところ、うんともすんとも言いませんでした。

調べてみたところ、VSCode本体は最小限の構成になっており、デフォルトではPHPを正確に認識出来ないので、PHP用の拡張機能を入れる必要があるとの事。

上のサイトを参考に「PHP Intelephense」を導入したところ、無事、定義元にジャンプ出来るようになりました。


VSCode .incファイルをPHPファイルとして認識させたい

初期状態で.incファイルを開くと、PHPとして認識されません。
プレーンテキストという扱いになり、シンタックスハイライトされず、白文字の状態で表示されると思います。
この状態だと、.incで関数や定数を定義している場合、他の場所からF12で参照する事も出来ません。

.incをPHPとして認識させるには、.incファイルを開いて右下の「プレーンテキスト」をクリックし、関連付ける言語から「PHP」を選択すればOKです。


VSCode コメントの色を変えたい

RGBの数値を変える事で、好きな色に変更可能です。

"editor.tokenColorCustomizations": {
        "comments": "#FFFFFF"}

VSCode ファイルを開いた時、常に新しいタブで開きたい

2つのファイルを交互に見て比較したい場合、タブで並べておけると便利です。
下のコードをsetting.jsonに追記する事で、VSCode上でファイルを開く時、常に新しいタブで開くようになります。

"workbench.editor.enablePreview": false
この記事を書いた人
蝉山 蝉山
生き物が大好きなエンジニアです。
山梨県で、身近な自然を楽しみながら暮らしています。
自作の漫画4コマイラストも制作しています。

かわいい恐竜のLINE着せ替えTシャツ・グッズも販売中!

詳細なプロフィールはこちら。

ツイッター:
インスタグラム:

プログラミング

Posted by 蝉山