12/27 いただいたメッセージへのご返信はこちら

ヤツデの花とニホンミツバチ

ヤツデの花とニホンミツバチ

自宅に生えているヤツデの木は、冬になると花を咲かせます。

ヤツデの花が出す独特な匂いに引き寄せられて来るのは、主にハエ、そしてアブです。

暖かい時期に花粉の媒介者として活躍するのはハチですが、ハエやアブの仲間はハチよりも低い気温でも活動できます。

ヤツデはハエやアブを受粉のパートナーとして選んだ訳ですね。

ヤツデにハエが来るのが嫌で、花を切り取る方もいるようです。
僕は、ヤツデの木から少し離れた場所で、ハエやアブがいそいそ吸蜜しているのを見るのが好きなので、そのままにしています。

そういう訳で、ヤツデの花はハエやアブのレストランと化している訳なんですが、珍しくニホンミツバチがやって来ていたので、撮影してみました。

ヤツデの花とニホンミツバチ
ニホンミツバチは最近見かけていませんでしたが、まだ活動しているんですね。


ヤツデの花とニホンミツバチ
赤い舌を伸ばして、ヤツデの花蜜を舐めています。


ヤツデ 花 フタホシヒラタアブ
フタホシヒラタアブが近づいて来たので、ニホンミツバチはどこかへ飛んでいきました。
この記事を書いた人
せみやま せみやま
生き物が大好きなWebエンジニアです。
身近な自然を楽しみながら暮らしています。
詳細なプロフィール